「概念から解き放たれた酒を表現したラベル」

三重県の酒蔵、寒紅梅酒造。季節の日本酒「シロクマ」「ペンギン」は、得意のフレッシュ感を表現しすでに人気の商品を作っています。そんな酒蔵が作り出す新アイテムのパッケージは、めんどくさい説明がいらない、分かりやすくうまい酒。清冽な湧水を飲んだ時に思わず口に出る「美味しい〜」という一言。目指す味わいは天然サイダーのような味。「もっと自由に。日本酒を楽しんでほしい。それが僕の表現したい今の酒。」作り手の増田さんはそう語ります。今回テーマに選んだのは「ノ貫(へちかん)」 。千利休と同世代に実在した茶人で当時の流行だった、高価な茶器を集めることもせず、雑炊を焚いた釡を茶釡に使うほど道具に無関心。名声を欲せず、雲のように自由に生きた茶人、丿貫。このシリーズは「日本酒だからこう有るべき」という概念から解き放たれた酒です。全てのシリーズは炭酸を思わせる水玉を使って上品に仕上げています。

[商品]リキュール,日本酒 [印刷]有限会社山添 [デザイン]studio pockets [依頼]寒紅梅酒造株式会社